登山口の駐車場情報、マイカー登山のことなら登山口ナビ

北岳(右俣コース)登山口コースガイド

   

南アルプス白峰三山の一つで日本第二峰の北岳(3193m)を、表玄関口となる広河原から大樺沢二俣を経て北岳肩ノ小屋経由で登るポピュラーな右俣ルートのコースガイドです。梯子などの急登が続く左俣コースに比べて距離が長くなるものの、比較的歩きやすいルートです。
【標準コースタイム:登り6時間20分 / 下り4時間30分】

北岳(右俣コース)登山口コースガイド【登山口ナビ】

広河原へはマイカー規制が行われているため芦安奈良田からバスや乗合タクシーで向かいます。
乗り場前にある広河原インフォメーションセンターにはトイレ(水道はありません)や売店、休憩スペースが整備されています。
2021年度 南アルプスマイカー規制情報(広河原/北沢峠バス時刻表)
北岳(左俣コース)登山口コースガイド 広河原インフォメーションセンター【登山口ナビ】
北岳(左俣コース)登山口コースガイド 北沢峠方面ゲート【登山口ナビ】

北岳の登山口は北沢峠方面へ進んだところにある吊り橋を渡ります(ゲート脇に水場があります)。
正面には北岳、右手には甲斐駒ヶ岳を見ることができます。
北岳(左俣コース)登山口コースガイド 北岳登山口の吊橋【登山口ナビ】
北岳(左俣コース)登山口コースガイド 広河原からの北岳【登山口ナビ】
北岳(左俣コース)登山口コースガイド 広河原からの甲斐駒ケ岳【登山口ナビ】

広河原山荘の左脇から登山道へと入ります。
すぐに広河原園地方面の分岐があります。
北岳(左俣コース)登山口コースガイド 広河原山荘【登山口ナビ】
北岳(左俣コース)登山口コースガイド 白根三山登山道【登山口ナビ】
北岳(左俣コース)登山口コースガイド 広河原園地分岐【登山口ナビ】

尾根寄りの樹林帯の中を登り進みます。
堰堤を過ぎて岩の転がる坂を登ると広河原から25分ほどで白根御池の分岐です。
北岳(左俣コース)登山口コースガイド 樹林帯【登山口ナビ】
北岳(左俣コース)登山口コースガイド 小橋【登山口ナビ】
北岳(左俣コース)登山口コースガイド 白根御池分岐【登山口ナビ】

分岐からしばらくはなだらかな道となり、すぐに大樺沢(おおかんばさわ)沿いを進むようになります。
北岳(左俣コース)登山口コースガイド【登山口ナビ】
北岳(左俣コース)登山口コースガイド 大樺沢沿いの桟道【登山口ナビ】

崩落沢を木橋で越えたすぐ先で、仮設橋で右岸へと渡ります。
北岳(左俣コース)登山口コースガイド 崩落地【登山口ナビ】
北岳(左俣コース)登山口コースガイド 大樺沢仮設橋【登山口ナビ】

樹林の切れ目からは北岳の山頂が覗きます。
しばらく右岸側のやや高巻きを進み、数ヶ所支沢を木橋で渡ります。
北岳(左俣コース)登山口コースガイド 大樺沢右岸【登山口ナビ】
北岳(左俣コース)登山口コースガイド 大樺沢高巻き【登山口ナビ】
北岳(左俣コース)登山口コースガイド 支沢の木橋【登山口ナビ】

尾根筋の急登を越えると再び沢沿いに戻り仮設橋で左岸へと渡り返します。
北岳(左俣コース)登山口コースガイド【登山口ナビ】北岳(左俣コース)登山口コースガイド【登山口ナビ】
北岳(左俣コース)登山口コースガイド 尾根筋のピーク【登山口ナビ】
北岳(左俣コース)登山口コースガイド 仮設橋【登山口ナビ】

樹林帯の中の岩の転がる急登を過ぎると沢沿いの歩きとなり正面に北岳が聳え、振り返ると鳳凰山も見えています。
北岳(左俣コース)登山口コースガイド 岩の転がる急登【登山口ナビ】
北岳(左俣コース)登山口コースガイド 左岸からの北岳【登山口ナビ】
北岳(右俣コース)登山口コースガイド 鳳凰山【登山口ナビ】

しばらく沢沿いを進むと、白根御池小屋分岐から2時間5分ほどで左俣ルートとの分岐点となる大樺沢二俣です。
北岳(左俣コース)登山口コースガイド 大樺沢沿いの登山道【登山口ナビ】
北岳(左俣コース)登山口コースガイド 大樺沢二俣【登山口ナビ】

二俣から右手の支沢の左岸を登り詰めていきます。
北岳(右俣コース)登山口コースガイド【登山口ナビ】
北岳(右俣コース)登山口コースガイド【登山口ナビ】

やがて右手の斜面に取り付きます。
開けた箇所では眼下に大樺沢の雪渓が広がります。
北岳(右俣コース)登山口コースガイド【登山口ナビ】
北岳(右俣コース)登山口コースガイド【登山口ナビ】
北岳(右俣コース)登山口コースガイド 池山吊尾根と雪渓【登山口ナビ】

左に折り返してなだらかな登りが続き、再び右へ折り返すと開けた草原状の斜面に出て植生保護柵沿いに進みます。
北岳(右俣コース)登山口コースガイド【登山口ナビ】
北岳(右俣コース)登山口コースガイド 屈曲点の階段【登山口ナビ】
北岳(右俣コース)登山口コースガイド 植生保護柵【登山口ナビ】
北岳(右俣コース)登山口コースガイド 草原からの北岳【登山口ナビ】

しばらく階段混じりの単調な登りが続いた後、急斜面を折り返しながら登ります。
北岳(右俣コース)登山口コースガイド【登山口ナビ】
北岳(右俣コース)登山口コースガイド 階段【登山口ナビ】
北岳(右俣コース)登山口コースガイド 急登【登山口ナビ】

開けた斜面をトラバース気味に登ると草スベリコースと合流します。
北岳(右俣コース)登山口コースガイド 開けた斜面【登山口ナビ】
北岳(右俣コース)登山口コースガイド 草スベリコース分岐【登山口ナビ】

ハイマツ帯の中を九十九折れの急登が続きます。
最後は稜線に向かって直線的に登り上げると大樺沢二俣から2時間30分ほどで小太郎尾根分岐です。
北岳(右俣コース)登山口コースガイド 急登【登山口ナビ】
北岳(右俣コース)登山口コースガイド 急登【登山口ナビ】
北岳(右俣コース)登山口コースガイド【登山口ナビ】
北岳(右俣コース)登山口コースガイド 小太郎尾根分岐【登山口ナビ】

分岐からは北岳へ向かう稜線や仙丈ヶ岳などの展望が広がります。
北岳(右俣コース)登山口コースガイド 小太郎尾根分岐【登山口ナビ】
北岳(右俣コース)登山口コースガイド 仙丈ヶ岳【登山口ナビ】
北岳(右俣コース)登山口コースガイド 鳳凰三山【登山口ナビ】
北岳(右俣コース)登山口コースガイド 池山吊尾根【登山口ナビ】

稜線のやや右手(北側)を巻くように進ます。
北岳(右俣コース)登山口コースガイド 稜線【登山口ナビ】
北岳(右俣コース)登山口コースガイド 稜線【登山口ナビ】

ロープの張られた岩稜を越えた先でテント場が広がり、小太郎尾根分岐から30分ほどで北岳肩ノ小屋です。
北岳(右俣コース)登山口コースガイド ロープの急登【登山口ナビ】
北岳(右俣コース)登山口コースガイド テント場【登山口ナビ】
北岳(右俣コース)登山口コースガイド 北岳肩ノ小屋【登山口ナビ】

小屋の前を過ぎて岩稜の急登となります。
20分ほどで両俣小屋の分岐があります。
北岳(右俣コース)登山口コースガイド 急登【登山口ナビ】
北岳(右俣コース)登山口コースガイド 両俣小屋分岐【登山口ナビ】
北岳(右俣コース)登山口コースガイド 中白峰沢ノ頭【登山口ナビ】

急斜面を登り上げ、手前の小ピークを右から巻くと両俣小屋分岐から30分ほどで北岳山頂です。
北岳(右俣コース)登山口コースガイド【登山口ナビ】
北岳(右俣コース)登山口コースガイド 山頂手前【登山口ナビ】
北岳(左俣コース)登山口コースガイド 北岳山頂【登山口ナビ】
北岳(左俣コース)登山口コースガイド 北岳山頂地蔵【登山口ナビ】

山頂からは白峰三山の間ノ岳・農鳥岳へと続く稜線、手前のピーク越しに仙丈ヶ岳や甲斐駒ヶ岳、足元には大樺沢の雪渓と鳳凰三山、富士山などを一望できます。
北岳(左俣コース)登山口コースガイド 北岳山頂からの間ノ岳・農鳥岳【登山口ナビ】
北岳(左俣コース)登山口コースガイド 北岳山頂からの仙丈ケ岳【登山口ナビ】
北岳(左俣コース)登山口コースガイド 北岳山頂からの大樺沢雪渓と鳳凰三山【登山口ナビ】

◆北岳(右俣コース)の登山口駐車場情報
 広河原
 芦安
 奈良田

◆北岳(右俣コース)のマイカー規制情報
 2021年度 南アルプスマイカー規制情報(広河原/北沢峠バス時刻表)

◆近隣の登山口コースガイド
 北岳(左俣コース) 登山口コースガイド
 鳳凰三山(広河原~白鳳峠・高嶺)登山口コースガイド

◆登山口ナビでは、北岳(右俣コース)のガイドも承っています。
 詳細は登山口ガイド受付ページをご覧ください。

<その他の登山口コースガイド>

丹沢山地の登山口コースガイド奥秩父山塊の登山口コースガイド
大菩薩連嶺の登山口コースガイド奥多摩・高尾山の登山口コースガイド
八ヶ岳連峰の登山口コースガイド奥武蔵・外秩父山地の登山口コースガイド
南アルプスの登山口コースガイド富士山の登山口コースガイド
箱根山地の登山口コースガイド道志山塊の登山口コースガイド
御坂山地の登山口コースガイド天子山地の登山口コースガイド
愛鷹山塊の登山口コースガイド伊豆・沼津アルプスの登山口コースガイド
房総丘陵の登山口コースガイド上武山地の登山口コースガイド
浅間連峰の登山口コースガイド妙義荒船佐久高原の登山口コースガイド
日光連山の登山口コースガイド足尾山地の登山口コースガイド
尾瀬・帝釈山地の登山口コースガイド谷川連峰の登山口コースガイド
那須連山の登山口コースガイド武尊山の登山口コースガイド
志賀高原の登山口コースガイド越後山脈(越後三山)の登山口コースガイド
妙高戸隠連山の登山口コースガイド御嶽山の登山口コースガイド

 - 登山口コースガイド, 南アルプス 登山口コースガイド

山と高原地図(昭文社)