登山口の駐車場情報、マイカー登山のことなら登山口ナビ

大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド

      2019/02/16

百名山の一つ大菩薩嶺(2056.9m)を、主要登山口となる上日川峠から現在は廃道扱いとなっている富士見新道で登り、唐松尾根で下るコースガイドです。大菩薩嶺の緩やかな登山道のイメージを覆すダイナミックなルート、岩稜帯からはコース名どおりの展望が開けています。

【標準コースタイム:登り2時間5分 / 下り1時間10分(唐松尾根)】

大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド【登山口ナビ】

国道411号の塩山・裂石から県道201号線経由もしくは国道20号の勝沼・竜門峡から県道218号線経由で上日川峠へ向かいます(前者の方が山道の距離は短いものの急坂、後者は走りやすいものの山道の距離が長めです)。
上日川峠には第1~3駐車場合計125台ほど停められますが、シーズンは混雑するため満車の場合は大菩薩湖北岸駐車場を利用します。
大菩薩嶺(大菩薩峠~唐松尾根周回コース) 登山口コースガイド 上日川峠駐車場【登山口ナビ】
大菩薩嶺(大菩薩峠~唐松尾根周回コース) 登山口コースガイド ロッヂ長兵衛【登山口ナビ】

ロッヂ長兵衛脇より狭い車道を進むとすぐに登山道が分岐、車道と並行するように登ります。
大菩薩嶺(大菩薩峠~唐松尾根周回コース) 登山口コースガイド 登山道分岐【登山口ナビ】
大菩薩嶺(大菩薩峠~唐松尾根周回コース) 登山口コースガイド 車道と並行【登山口ナビ】

25分ほど登ると舗装路の終点にある福ちゃん荘前に出ます。
福ちゃん荘には売店や食堂があり、食事を頼めば店舗前の駐車場を利用することも可能です。
大菩薩嶺(大菩薩峠~唐松尾根周回コース) 登山口コースガイド 福ちゃん荘裏【登山口ナビ】
大菩薩嶺(大菩薩峠~唐松尾根周回コース) 登山口コースガイド 福ちゃん荘【登山口ナビ】
大菩薩嶺(大菩薩峠~唐松尾根周回コース) 登山口コースガイド 福ちゃん荘駐車場【登山口ナビ】

福ちゃん荘前の唐松尾根との分岐を公衆トイレのある大菩薩峠方面の未舗装路へ進みます。
大菩薩嶺(大菩薩峠~唐松尾根周回コース) 登山口コースガイド 唐松尾根分岐【登山口ナビ】
大菩薩嶺(大菩薩峠~唐松尾根周回コース) 登山口コースガイド 公衆トイレ【登山口ナビ】

5分ほど進むと富士見山荘前に分岐があるので旧道方面へ入ります。
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド 富士見山荘【登山口ナビ】
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド 旧道分岐【登山口ナビ】

小さな沢を渡り尾根を回り込み、倒壊した歩道の手すりの先で再び沢を横切ります。
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド 小さな沢の渡渉【登山口ナビ】
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド 倒壊した歩道の手すり【登山口ナビ】
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド 渡渉地点【登山口ナビ】

古い道標の残る登山道を進むと旧道がガレ筋を離れる付近で富士見新道の分岐があります。
ルート案内を記した手書きのプレートが目印になります。
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド【登山口ナビ】
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド 富士見新道分岐【登山口ナビ】
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド 富士見新道案内図【登山口ナビ】

目印のリボンに従い足場の悪い道を進みます。
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド【登山口ナビ】
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド ガレ沢【登山口ナビ】

ガレ沢を進むと樹林が開けてすぐのところに富士見新道のプレートがあり、登山道は右の笹原に続きます。
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド 富士見新道プレート【登山口ナビ】
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド 笹原【登山口ナビ】

笹原を抜けるとすぐに急登が始まります。
程なく小さなプレートが掲げられた木があり、旧男坂ルートと旧女坂ルートの分岐となっています。
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド【登山口ナビ】
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド 男坂分岐【登山口ナビ】
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド 男坂分岐案内板【登山口ナビ】

右の女坂ルート(旧鎖場コース)へと進みます。
すぐに岩の転がる急登となります。
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド 女坂コース【登山口ナビ】
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド 女坂コース急登【登山口ナビ】

2つ目の富士見新道の案内板の脇を通り、かつては上部に鎖のあった露岩の右側を進みます。
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド 案内板【登山口ナビ】
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド【登山口ナビ】

露岩の上からは大菩薩湖の奥に富士山を見ることができます。
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド 露岩の鎖場【登山口ナビ】
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド 露岩の上からの眺望【登山口ナビ】

さらにガレ場を登り、左手の上部にテラスのある展望の良い岩の基部へと進みます。
(基部手前の岩にも鎖場の跡あり)
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド ガレ場【登山口ナビ】
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド テラスの基部【登山口ナビ】

テラス上部には回り込んで攀じ登ることが可能です。
付近からは富士山をはじめ南アルプス全山を見渡すことができます。
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド テラス【登山口ナビ】
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド テラス上部【登山口ナビ】
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド テラス上部から南アルプスの眺望【登山口ナビ】
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド テラス上部から甲斐駒ヶ岳・仙丈ケ岳の眺望【登山口ナビ】
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド テラス上部から白根三山の眺望【登山口ナビ】
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド テラス上部から塩見岳・荒川岳の眺望【登山口ナビ】
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド テラス上部から聖岳の眺望【登山口ナビ】

穴観音の脇から岩場を登り、ガレ場を横断して稜線直下の露岩を目指します。
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド 富士見穴観音【登山口ナビ】
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド 稜線直下のガレ場【登山口ナビ】
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド【登山口ナビ】

露岩の基部を左から回り込むと大菩薩嶺の稜線が見えてきます。
旧道分岐から1時間10分ほどで稜線の2000m標柱前に至ります。
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド 稜線【登山口ナビ】
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド 富士見新道出口【登山口ナビ】
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド 稜線の2000m標柱【登山口ナビ】

展望の良い神部岩の脇から稜線の道を15分ほど進むと、唐松尾根の分岐点となる雷岩です。
大菩薩嶺(大菩薩峠~唐松尾根周回コース)神部岩【登山口ナビ】
大菩薩嶺(富士見新道) 登山口コースガイド 稜線の登山道【登山口ナビ】
大菩薩嶺(大菩薩峠~唐松尾根周回コース)雷岩【登山口ナビ】

大菩薩嶺の山頂は分岐からさらに10分ほど進んだ樹林帯の中にあります。
大菩薩嶺(大菩薩峠~唐松尾根周回コース)雷岩分岐【登山口ナビ】
大菩薩嶺(大菩薩峠~唐松尾根周回コース)樹林帯【登山口ナビ】
大菩薩嶺(大菩薩峠~唐松尾根周回コース)大菩薩嶺山頂【登山口ナビ】

下山路は最短となる唐松尾根を下ります。
山頂直下は急坂が続きます。
大菩薩嶺(大菩薩峠~唐松尾根周回コース)急坂【登山口ナビ】
大菩薩嶺(大菩薩峠~唐松尾根周回コース)急坂【登山口ナビ】

やがて樹林帯の中の笹原の道となり、車両が入れる道幅になると唐松尾根分岐はすぐになります。
雷岩から40分ほどで福ちゃん荘前に戻ります。
大菩薩嶺(大菩薩峠~唐松尾根周回コース)笹原の下り【登山口ナビ】
大菩薩嶺(大菩薩峠~唐松尾根周回コース)転回スペース【登山口ナビ】
大菩薩嶺(大菩薩峠~唐松尾根周回コース)唐松尾根分岐【登山口ナビ】

◆大菩薩嶺(富士見新道)の登山口駐車場情報
上日川峠
大菩薩湖北岸駐車場

◆近隣の登山口コースガイド
大菩薩嶺(大菩薩峠~唐松尾根周回コース) 登山口コースガイド
大菩薩嶺(旧道~唐松尾根周回) 登山口コースガイド

◆大菩薩嶺(富士見新道)のガイドも承っています。
詳細は登山口ガイド受付ページをご覧ください。

<その他の登山口コースガイド>

丹沢山地の登山口コースガイド奥秩父山塊の登山口コースガイド
大菩薩連嶺の登山口コースガイド奥多摩・高尾山の登山口コースガイド
八ヶ岳連峰の登山口コースガイド奥武蔵・外秩父山地の登山口コースガイド
南アルプスの登山口コースガイド富士山の登山口コースガイド
箱根山地の登山口コースガイド道志山塊の登山口コースガイド
御坂山地の登山口コースガイド天子山地の登山口コースガイド
愛鷹山塊の登山口コースガイド伊豆・沼津アルプスの登山口コースガイド
房総丘陵の登山口コースガイド上武山地の登山口コースガイド
浅間連峰の登山口コースガイド妙義荒船佐久高原の登山口コースガイド
日光連山の登山口コースガイド足尾山地の登山口コースガイド
尾瀬・帝釈山地の登山口コースガイド志賀高原の登山口コースガイド
越後山脈(越後三山)の登山口コースガイド妙高戸隠連山の登山口コースガイド
御嶽山の登山口コースガイド

 - 大菩薩連嶺 登山口コースガイド, 登山口コースガイド

山と高原地図(昭文社)