登山口の駐車場情報、マイカー登山のことなら登山口ナビ

蛭ヶ岳(雷滝~市原新道) 登山口コースガイド

      2019/03/29

丹沢最高峰の蛭ヶ岳(1672.6m)を、早戸川林道の本間橋から早戸川の支流にある雷滝よりバリエーションルートの市原新道で直登するコースガイドです。白馬尾根コースと組み合わせて周回することが可能です。
※雷滝までは早戸大滝・雷滝(最新版) 登山口コースガイドと共通です
【標準コースタイム:登り4時間20分 / 下り2時間40分】

蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド【登山口ナビ】

早戸大滝の登山口となる本間橋(旧丹沢観光センター前)までは宮ケ瀬湖より早戸川林道を進みますが、落石も多く斜面の崩落による通行止も多いため事前に確認のうえ走行は十分注意してください。(リヴァスポット早戸・早戸川国際マス釣場の先にゲートがあります)
早戸大滝(2017年春版)コースガイド 早戸川林道ゲート【登山口ナビ】
早戸大滝(2017年春版)コースガイド 早戸川林道崩落箇所【登山口ナビ】

本間橋を渡った先の路肩に数台駐車できるスペースがあります。
(林道を奥へ進んだところに転回スペースも設けられています)
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド 本間橋【登山口ナビ】

林道を進み、魚止橋を渡ると左手にショートカットルートがあります。
橋より先は未舗装路(チェーンゲートで一般車進入禁止)を林道の終点まで歩きます。
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド 魚止橋【登山口ナビ】
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド 早戸川林道【登山口ナビ】

林道の終点となる伝道にはコース案内板が設けられています。
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド 伝道【登山口ナビ】

伝道から造林小屋の廃屋までは踏み跡のしっかりした登山道を進みます。
登山道に入ってすぐの伝道沢が石伝いに渡渉できない水量の際は、その先も渡渉が難しい可能性が高くなります。
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド 伝道沢渡渉【登山口ナビ】
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド 造林小屋廃屋【登山口ナビ】

造林小屋を過ぎると、早戸川沿いの高巻き道を進みます。
途中、崩落箇所や切れ落ちた箇所もあるため注意が必要です。
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド 高巻き【登山口ナビ】
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド 高巻き丸太橋【登山口ナビ】

しばらく進むと眼下に早戸川を見下ろす崖上に出ます。
ロープのかかる急斜面を下れば、丸太橋の架かる最初の渡渉ポイントとなります。
※丸太橋は大雨などにより流失する可能性があります。(2019年1月現在は流失)
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド【登山口ナビ】
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド 第一渡渉地点の丸太橋【登山口ナビ】

右岸沿いを進むと岩場をへつる箇所があります。
(高巻きの迂回路もあります)
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド へつり【登山口ナビ】

再び丸太橋を利用して左岸へ渡渉します。
丸太橋が流失している際(2019年1月現在は流失)は石伝いに跳びますが、水量が多い場合は難易度が高くなります。
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド 第二渡渉地点の丸太橋【登山口ナビ】

第二渡渉地点からしばらく歩くと雷平の手前で視界が開けます。
ロープのかかる岩を乗り越えて引き続き左岸を進みます。
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド 雷平【登山口ナビ】
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド【登山口ナビ】

雷平から右手に分岐する原小屋沢の左岸に明瞭な踏み跡が続きます。
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド 原小屋沢【登山口ナビ】

やがて前方に沢が左手へ屈曲するポイントが見えてくるので、岩伝いに跳んで右岸へ渡ります。
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド 原小屋沢渡渉【登山口ナビ】
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド 原小屋沢渡渉【登山口ナビ】

雷平から20分ほど、ロープのかかる岩を乗り越えて右手へ進むと目の前に落差15mの雷滝が現れます。
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド【登山口ナビ】
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド 雷滝【登山口ナビ】

市原新道へは雷滝手前の岩場より、岩の割れ目を登ります。
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド 市原新道とりつき【登山口ナビ】

雷滝の落ち口を横目に明確な踏み跡を進みます。
尾根を移り登り進めると、市原新道と記された丸皿のプレートがあります。
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド 雷滝落ち口【登山口ナビ】
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド 丸皿プレート【登山口ナビ】

鹿柵沿いの急坂を直登します。
しばらく登り進めると柵から数mほど右手に踏み跡が続くようになります。
(鹿柵沿いの終点に出た場合は、そのまま右手へ登り上げると踏み跡に合流します)
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド 鹿柵【登山口ナビ】
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド【登山口ナビ】

緩斜面となったところより右手の尾根を登ると植生保護柵が断続的に現れます。
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド【登山口ナビ】
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド 植生保護柵【登山口ナビ】

痩せ尾根を渡り、左手に支尾根が見えてきたら柵の右側へと進路を移します。
道脇に遭難碑があります。
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド 痩せ尾根【登山口ナビ】
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド 遭難碑【登山口ナビ】

さらに柵沿いを登り進めると、北寄りの尾根に巻いた後、山頂の稜線が開けてきます。
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド【登山口ナビ】
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド【登山口ナビ】
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド【登山口ナビ】

振り返ると南アルプスから大菩薩、丹沢主脈、宮ケ瀬湖、丹沢三峰を見渡すことができます。
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド 北尾根からの眺望【登山口ナビ】
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド 北尾根からの眺望【登山口ナビ】
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド 北尾根からの眺望【登山口ナビ】

最後に植生保護策の間を通り抜けると、蛭ヶ岳山荘の裏手に出ます。
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド 山頂直下【登山口ナビ】
蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)コースガイド 蛭ヶ岳山荘裏【登山口ナビ】

山頂からは西丹沢越しに富士山や南アルプスの稜線、足元にはユーシンから続く熊木沢の渓谷と奥に箱根の山々、丹沢山や塔ノ岳などの丹沢主脈、蛭ヶ岳山荘の裏からは首都圏の街並みや奥多摩・奥秩父山塊が見渡せます。
蛭ヶ岳(榛ノ木丸~姫次)コースガイド 蛭ヶ岳山頂【登山口ナビ】
蛭ヶ岳(八丁坂ノ頭~姫次)コースガイド 蛭ヶ岳山頂からの南アルプス稜線【登山口ナビ】
蛭ヶ岳(八丁坂ノ頭~姫次)コースガイド 蛭ヶ岳山頂からの富士山【登山口ナビ】
蛭ヶ岳(八丁坂ノ頭~姫次)コースガイド 蛭ヶ岳山頂からのユーシン・熊木沢渓谷と箱根【登山口ナビ】
蛭ヶ岳(榛ノ木丸~姫次)コースガイド 蛭ヶ岳山頂からの丹沢主脈【登山口ナビ】
蛭ヶ岳(榛ノ木丸~姫次)コースガイド 蛭ヶ岳山頂からの首都圏街並み【登山口ナビ】
蛭ヶ岳(八丁坂ノ頭~姫次)コースガイド 蛭ヶ岳山頂からの宮ケ瀬湖方面の眺望【登山口ナビ】
蛭ヶ岳(八丁坂ノ頭~姫次)コースガイド 蛭ヶ岳山頂からの奥多摩・奥秩父山塊の眺望【登山口ナビ】
蛭ヶ岳(榛ノ木丸~姫次)コースガイド 蛭ヶ岳山荘【登山口ナビ】

◆蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)の登山口駐車場情報
 本間橋の登山口駐車場情報

◆近隣の登山口コースガイド
 蛭ヶ岳(白馬尾根~鬼ヶ岩) 登山口コースガイド
 蛭ヶ岳(榛ノ木丸~姫次) 登山口コースガイド
 蛭ヶ岳(八丁坂ノ頭~姫次)登山口コースガイド
 早戸大滝・雷滝(最新版) 登山口コースガイド
 丹沢山(早戸大滝~丹沢三峰) 登山口コースガイド
 丹沢山(早戸大滝~大滝新道) 登山口コースガイド

◆登山口ナビでは、蛭ヶ岳(雷滝~市原新道)のガイドも承っています。
 詳細は登山口ガイド受付ページをご覧ください。

<その他の登山口コースガイド>

丹沢山地の登山口コースガイド奥秩父山塊の登山口コースガイド
大菩薩連嶺の登山口コースガイド奥多摩・高尾山の登山口コースガイド
八ヶ岳連峰の登山口コースガイド奥武蔵・外秩父山地の登山口コースガイド
南アルプスの登山口コースガイド富士山の登山口コースガイド
箱根山地の登山口コースガイド道志山塊の登山口コースガイド
御坂山地の登山口コースガイド天子山地の登山口コースガイド
愛鷹山塊の登山口コースガイド伊豆・沼津アルプスの登山口コースガイド
房総丘陵の登山口コースガイド上武山地の登山口コースガイド
浅間連峰の登山口コースガイド妙義荒船佐久高原の登山口コースガイド
尾瀬・帝釈山地の登山口コースガイド足尾山地の登山口コースガイド
越後山脈(越後三山)の登山口コースガイド妙高戸隠連山の登山口コースガイド
御嶽山の登山口コースガイド

 - 丹沢山地 登山口コースガイド, 登山口コースガイド

山と高原地図(昭文社)