登山口の駐車場情報、マイカー登山のことなら登山口ナビ

両神山(日向大谷・七滝沢ルート) 登山口コースガイド

   

百名山の一つ両神山剣ヶ峰(1723m)を、両神神社里宮のある日向大谷から表参道より分岐する七滝沢ルートで登るコースガイドです。表参道ルートに比べて踏み跡が薄く一部に鎖場の急登もあるものの、渓谷沿いに雰囲気のよい登山道が続くので下山路として利用するのもお薦めです。
【標準コースタイム:登り4時間05分 / 下り2時間25分】

両神山(日向大谷・七滝沢ルート)登山口コースガイド【登山口ナビ】

日向大谷はバス停前と両神山荘の駐車場が有料、手前の駐車スペースが無料となっています。
駐車スペースは限られるため紅葉シーズンは朝7時頃には満車になることもあります。
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド 無料駐車スペース【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド 日向大谷口バス停前有料駐車場【登山口ナビ】

バス停前から階段をあがり両神山荘前に出ると、左手に表参道ルートの登山口があります。
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド 日向大谷口【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド 両神山荘【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド 表参道入口【登山口ナビ】

登山道を登り進むとすぐに鳥居をくぐります。
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド 鳥居【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド【登山口ナビ】

山道の分岐を過ぎると小さな沢の渡渉や短い鎖場などもアップダウンが続く道となります。
両神山荘から35分ほどで表参道コースとの分岐となる会所に至ります。
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド 山道分岐【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド 会所【登山口ナビ】

しばらくは左岸側の高巻きの道が続きます。
尾根を乗り越す箇所など要所には指導標も設置されています。
両神山(日向大谷・七滝沢ルート)登山口コースガイド【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・七滝沢ルート)登山口コースガイド【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・七滝沢ルート)登山口コースガイド【登山口ナビ】

やがて比高を下げて沢沿いを進むようになります。
途中で右岸・左岸へと渡渉し、短い梯子を下りて再び右岸へ渡ります。
両神山(日向大谷・七滝沢ルート)登山口コースガイド【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・七滝沢ルート)登山口コースガイド 渡渉【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・七滝沢ルート)登山口コースガイド 渡渉【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・七滝沢ルート)登山口コースガイド 梯子【登山口ナビ】

続いて九十九折れの急登区間となります。
しばらく登り進むとベンチの設置された赤滝の休憩ポイントです。
両神山(日向大谷・七滝沢ルート)登山口コースガイド 急登【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・七滝沢ルート)登山口コースガイド 赤滝分岐ベンチ【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・七滝沢ルート)登山口コースガイド 赤滝【登山口ナビ】

沢筋を進むと程なく沢から比高を上げて進むようになります。
両神山(日向大谷・七滝沢ルート)登山口コースガイド【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・七滝沢ルート)登山口コースガイド【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・七滝沢ルート)登山口コースガイド【登山口ナビ】

尾根状の急坂を直線的に登ると右手には天武将尾根の岩壁が木間から覗きます。
両神山(日向大谷・七滝沢ルート)登山口コースガイド 天武将尾根の岩壁【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・七滝沢ルート)登山口コースガイド 天武将尾根の紅葉【登山口ナビ】

やがて水流が細くなった七滝沢の深い渓谷の手前を左岸側へ渡ります。
両神山(日向大谷・七滝沢ルート)登山口コースガイド【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・七滝沢ルート)登山口コースガイド 渓谷【登山口ナビ】

先は鎖も設置された急登区間が続きます。
難易度の高い箇所はないものの、一枚岩の鎖場は滑りやすいので注意が必要です。
両神山(日向大谷・七滝沢ルート)登山口コースガイド 鎖場【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・七滝沢ルート)登山口コースガイド 鎖場【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・七滝沢ルート)登山口コースガイド 一枚岩の鎖場【登山口ナビ】

途中には養老の滝・霜降の滝の展望台が登山道からすぐの所にあり、水量は少ないもの七滝沢コース最大落差の滝の全貌を見ることができます。
両神山(日向大谷・七滝沢ルート)登山口コースガイド 養老の滝・霜降の滝展望台【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・七滝沢ルート)登山口コースガイド 養老の滝・霜降の滝【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・七滝沢ルート)登山口コースガイド 養老の滝・霜降の滝【登山口ナビ】

七滝沢の源流を橋で渡りさらに急登を登り詰めると表参道からのルートと合流します。
両神山(日向大谷・七滝沢ルート)登山口コースガイド 七滝沢源流【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・七滝沢ルート)登山口コースガイド【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド 七滝沢ルート合流【登山口ナビ】

さらに九十九折れの鈴が坂を登り詰めると産泰尾根に出ます。
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド 鈴が坂【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド 産泰尾根【登山口ナビ】

右手に両神山の稜線を見ながら束の間のなだらかな区間を過ぎると断続的に鎖場が現れます。
いずれも補助的なもので難易度の高い箇所はありません。
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド 産泰尾根からの稜線【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド 産泰尾根の鎖場【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド 産泰尾根の鎖場【登山口ナビ】

階段が設置された岩場を過ぎてひと登りすると、会所から3時間ほどで両神神社本宮です。
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド 産泰尾根の階段【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド 産泰尾根の急登【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド 両神神社本宮【登山口ナビ】

神社からしばらくは富士見坂と呼ばれるなだらかな道が続きます。
次第に木間から山頂が見えるようになります。
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド 富士見坂【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド 富士見坂からの山頂【登山口ナビ】

山頂に近付くと再び岩場の急峻な区間となります。
樹林が切れたところからは南側の奥多摩や雲取山、富士山などの展望が開けます。
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド 山頂直下の急登【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド 山頂直下からの奥多摩・富士山の眺望【登山口ナビ】

両神神社から30分ほど、山頂直下の鎖場を登れば両神山・剣ヶ峰の山頂です。
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド 山頂直下の鎖場【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド 両神山山頂【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド 両神山山頂【登山口ナビ】

狭い山頂からは南西方向に甲武信ヶ岳や金峰山などの奥秩父の主峰をはじめ、八ヶ岳や赤岩尾根越しに浅間山や北アルプスの稜線を見ることもできます。
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド 両神山山頂から奥秩父主稜の眺望【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド 両神山山頂から八ヶ岳・北アルプス・浅間山の眺望【登山口ナビ】
両神山(日向大谷・表参道ルート) 登山口コースガイド 両神山山頂から八丁尾根の眺望【登山口ナビ】

◆両神山の登山口駐車場情報
 日向大谷

◆近隣の登山口コースガイド
 両神山(日向大谷・表参道ルート)登山口コースガイド
 両神山(八丁峠コース)登山口コースガイド

◆両神山(日向大谷・七滝沢ルート)のガイドも承っています。
 詳細は登山口ガイド受付ページをご覧ください。 

<その他の登山口コースガイド>

丹沢山地の登山口コースガイド奥秩父山塊の登山口コースガイド
大菩薩連嶺の登山口コースガイド奥武蔵・外秩父山地の登山口コースガイド
八ヶ岳連峰の登山口コースガイド南アルプスの登山口コースガイド
富士山の登山口コースガイド道志山塊の登山口コースガイド
箱根山地の登山口コースガイド御坂山地の登山口コースガイド
愛鷹山塊の登山口コースガイド伊豆・沼津アルプスの登山口コースガイド
房総丘陵の登山口コースガイド上武山地の登山口コースガイド
妙義荒船佐久高原の登山口コースガイド浅間連峰の登山口コースガイド
尾瀬・帝釈山地の登山口コースガイド足尾山地の登山口コースガイド
越後山脈(越後三山)の登山口コースガイド妙高戸隠連山の登山口コースガイド
御嶽山の登山口コースガイド

 - 奥秩父山塊 登山口コースガイド, 登山口コースガイド